ワークライフバランスとは

◆個の幸せを追求する時代◆

キャリアコンサルタントとして今まで人材会社や大学等で就職支援をさせていただきました。その中で若者から高齢者の方々まで求めるものは、ほとんどといっていいほど皆様共通していました。それは「好きなことをして働きたい」でした。

「好きなことをして働く」、つまりこれはつき詰めると「天職」(=Lifework)を意味します。「天職」の定義とは、「自分がその業務を行っていると心から楽しく、周囲の人も喜んでくれる職務」です。皆様、「天職を探していますか?」と聞くと「いいえ、そんなめっそうもない。」とおっしゃいます。でも「心がかつかつになるまで働くのではなく、厳しい事はあるけど楽しみながら仕事をしたい」とおっしゃるわけです。これは人の心のありかたとしては正常といえます。それは、マズローの欲求階層説という、心理学の考え方から説明ができます。

この理論では、人間の基本的欲求を低次から述べると、以下があるといわれています。
1生理的欲求(ご飯が食べたい等)
2安全の欲求(安全な家に住みたい等)
3所属と愛の欲求(どこか企業に属していたい、家族が欲しい等)
4承認(尊重)の欲求(会社で認められたい、自分を認めたい等)
5自己実現の欲求(自分の夢をかなえたい等)

私たちは、高度経済成長を遂げ、大抵の人が生きていけるだけの安全な家に住み、食事をとり、家族を持ち、仕事を行うことができるようになりました。だからこそ、自分が認められたり、夢をかなえたいという高次の欲求が欲しいと思うようになったのです。これは大変すばらしい事だと思いませんか?つまり、今まで日本の経済成長を支えてきた先人たちがいたからこそ、これだけ高次な欲求を求めることができるようになったのです。日本人の心はすでに、高度経済成長期から次のステージへ移行しているのだとも言えます。
転載元:http://www.motivation-up.com/motivation/maslow.html

◆一人一人が高度経済成長期とは違う働き方を求めています◆

高度経済成長期は責任と義務で毎日が忙殺されてもまだ心が満たされるものがありました。なぜなら働けば働くほど給料はぐんぐん上がっていったからです。安い賃金を武器に、世界中から仕事を一気に受注し、大量生産で物を作れば作るほど世界中で売れていきました。いわゆる長時間労働=好業績に直結した時代でした。世の中が物であふれ豊かになっていく姿を、この時代に働いていた団塊の世代は肌で実感し、幸福を感じることができていたと思います。日本全体が「経済成長の実現」いう価値に向けて一丸になっていた時代だったとも言えます。

しかし現在では物が豊かになり、働き手の賃金は高騰し、安い賃金を武器に世界中から仕事を受けることはできなくなってしまいました。日本の試練ともいえる、バブル崩壊、失われた20年、インターネットバブルとその崩壊、リーマンショック、東日本大震災等々を経て今、日本で聞こえてくるのは「自分らしさとは?」「自分の幸せとは」「何が好きなのか」などの「目に見えない個の精神世界」への追及の言葉です。高度経済成長期のころのように頑張っても、長労働時間=好業績というような、目に見える成果が出にくくなってしまったことや、インターネットの普及で世界中からありとあらゆる情報が入ることで、多種多様な価値観が日本中であふれていることも原因でしょう。以前のような同じ価値観の中で日本人が一丸となってビジネスに取り組む姿を見るのは、もう難しい状況なのではないでしょうか。つまり、時代はすでに、個を大切にし多様性を受け入れられる組織づくりが必要になっているのです。現在、日本では世界に類を見ない速さで労働人口減少が加速していますが、その中で今後生き残ることができる企業とは、多様性を受け入れて組織作りができた企業のみと言っても過言ではないのではないでしょうか。

◆Y’s LifeWork Officeではワークライフバランスを取り入れ、多様性を受け入れた働き方改革を目指します◆

ワークライフバランスとは、一人一人のワーク(仕事)とライフ(人生、生活)を充実させるというもの。この両者を充実させることで、相互に良い影響を与え合い成長させることができるのです。

例えば、私、山﨑の場合ですと、ライフでは現在子育てに奮闘しております。当然ながら時間の使い方なども今まで以上にとれなくなりました。しかし、そこは子供に合わせながら、いかに隙間時間を見つけて自分の事業のための業務ができるのか、子供をいかに効率よく喜ばせたり学んでもらい満足してもらうかなどの工夫をしています。これらはビジネスでは、タイムマネジメントや、業務遂行のための創意工夫をするための感覚と同じだと思いますし、もしかすると、子育てで出会った人脈がビジネスチャンスへと変わる可能性だってあるのです。子育てに直面したからこそ見えてくる喜びや苦しみがあり、これらは今後のキャリアコンサルティングに必ず活きてきますし、そこでまたビジネスの成功があればライフをもっと大切にしようと思うわけです。

しかし、ビジネスだけひたすら頑張っていたらどうでしょうか。毎日、同じ業務に追われ、新しい感覚、知識、挑戦を受け入れるだけの余裕、時間もなく目の前のことだけをこなすことに精いっぱいで、週末は精も根も尽き果ててライフも充実させることなく寝てばかりいたら…そこに新しいアイデアはあるのでしょうか?様々なインプットをする余裕がない人が、新しいアウトプットを行う事ができるのでしょうか?このような人が集まり、どんなに長時間ミーティングを開いても新しい発想はそこにはありません。新しい発想なくして、個々の幸せを追求する時代に合った製品、サービスが提供できるのでしょうか?人と同じものを作っても、それらはもう売れることはありません。

製品、サービスにも多様性が必要な時代に突入した方こそ、働き方を企業と個人で変え、新たなビジネス展開ができるサポートををしていきたいとY’s LifeWork Officeは考えます。ちなみにLifework=天職という言葉ですが、何も天職を何が何でも見つけなければ!ということは私共は考えていません。しかし、人生はあくまでも生活の中に仕事があり、Lifeを大切にしながら、workをイキイキと行ってもらいたい。という願いを込めて、さらにはイキイキ働く中で、できれば天職に出会えたらこんな素敵なことはないな、と思いを込めて屋号に取り入れました。日々、ワークライフバランスを取り入れながら、これからを生きる子供たちに明るい正の遺産を残すことができる、新しい未来を共に切り開いていきませんか?